大町市立大町北小学校
〒398-0002 長野県大町市大町5806-8 TEL:0261-23-0190 FAX:0261-22-0740 E-Mail:kitasho@kitasho.city-omachi.ed.jp
 

日誌

学校日記
12345
2022/06/24new

音楽の授業

| by サイト管理者
北小のある北アルプス圏域の県新型コロナウイルス感染警戒レベルは・・・

「1 平常時」です! 「新しい学校の生活様式」を定着しながら通常の活動を行って良いレベルです。

このレベルとなり、一番喜んでいる教科は音楽ではないでしょうか。歌唱にしろ器楽演奏にしろ、飛沫が飛ぶためいろいろと制限されていました。
ということで、今日はレベル1になった音楽の授業にお邪魔してみました。(今日も強引ですか?)

まず最初にお邪魔したのは1年生です。
 
初めて手にする鍵盤ハーモニカ。
今日は、その鍵盤ハーモニカを納品してくださった販売店さんの講習会でした。


机間をまわり、一人ひとりに指の置き方など基礎基本を正しく教えてくださいました。

みんな、一生懸命吹いています。

ドレミ ミレド ソファミレドの練習でした。みんな吹きたくて吹きたくて!というのが伝わってきます。
10月末の音楽会では、素敵な演奏を聴かせてくれることでしょう。

一方こちらは、4年生。
教室に入るとリコーダーの練習の真っ最中でした。
が!
先生が、「では、ここで歌とリコーダーに分かれましょう。今日は歌いたいという人は立って」と言うと・・・、

「僕は歌いたい!」「私も!」「今日はリコーダーだな」とみんな自分のやりたい方を選択しました。
まさに個別最適な学びです。


熱奏するクラスメイトの伴奏に合わして、熱唱するクラスメイト。
自分の得手の方を選んだだけあって、演奏も歌唱も堂々としてボリュームもありました。
思わずカメラ片手に拍手してしまいました。「Bravo~!!」
こちらも音楽会で素敵な演奏を聴かせてくれるでしょう。今から楽しみです。

このままレベル1を維持して欲しいなぁと心から願います。
14:38
2022/06/23

全校児童引き渡し訓練

| by サイト管理者
昨日の全校児童引き渡し訓練に参加していただいた皆様、ご協力ありがとうございました。
最近、北小学区内ではクマの出没を知らせる広報無線や防災メールが多く届くようになりました。
昨日は、そのクマが市街地まで下ってきたのは確認したが、その後見失ってしまったら・・・という想定で実施しました。


まず、5月から運用している連絡システム「すぐーる」にて、非常事態の周知とお迎えのお願いを保護者の皆さんに伝えます。

連絡を受けた保護者の皆さんが来校してくださいました。


教室に行っていただき・・・

名前を告げていただくと・・・


子どもたちが出口に向かい・・・


無事引き渡し完了です。
学級担任に面識のない方がお迎えに来た際は子どもに確認をした上で、確実に引き渡します。


無事下校していただきました。

コロナ禍のため、令和2年度は1年生のみ、昨年度は全くできず、令和元年度以来の全校実施でした。
今回は、クマ対応でしたが、地震や豪雨などの自然災害、不審者対応など、油断は禁物。いつ何時何が原因で校舎内に一時待避して、お迎えに来ていただいた保護者の皆さんにお子さんを引き渡すか分かりません。
年に一度の訓練ですが、学校としては大事にしたい訓練です。
ご協力ありがとうございました。
08:54
2022/06/22

校長講話

| by サイト管理者
の前に、今日は、非常時に備えて引き渡し訓練を行いました。
雨雲が刻一刻と迫る中での訓練でしたが、降られることもなく引き渡し開始から40分後には無事全員の引き渡しを完了しました。
ご協力、ありがとうございました。

では、本日のタイトルに戻ります。
今日は校長講話がありました。
北小の校長講話は、校長先生が全校の子どもたちの前で話す機会のない月に行っています。
4月は入学式・始業式、5月は運動会でお話しができたので、今日が今年度の第1回校長講話です。

宮入校長先生は6月の校長講話は、先生たちを巻き込んだ読み聞かせを行っています。
今年も読み聞かせです。


今年は『ひび割れ壺と少年』というお話しです。


校長先生と声優二人が今年の読み聞かせ隊です。

テレビ画面では、挿絵が写されます。

インドの田舎で、毎日小川まで水をくみにいく少年。少年は、ひびのない壺と、ひびが入った壺、2つの壺をもって水くみに行くのです。ひびの入った壺が、私のひびのせいで家に着く時は水の量が半分になってしまい申し訳ないと少年に謝るのですが、少年はこう壺に伝えるのです・・・。




子どもたちは、熱心に聞き入っていました。

今年の校長先生の読み聞かせ隊は、誰もが持っている欠点や弱さを活かしながら、生きてゆくことの大切さを教えてくれました。
次回の校長講話は9月です。どんなお話をしてくれるでしょうか。お楽しみに!
(と、さり気なくハードルを上げちゃいます。)

17:40
2022/06/21

避難訓練の成果

| by サイト管理者
昨日の学校日記で書いた内容の繰り返しですが、昨日は、能登地方の地震の揺れが大町にも届きそうだということで、休み時間で賑やかなところに緊急地震速報の内容を放送で伝え、揺れに備えなさいと指示をしたところ、水を打ったように静かになりました。
先生たちの報告では、頭上からの落下物がないことを確認したり、机の下に入って机の足をつかんで踏ん張っていたり、アルプスの時間(休み時間)だったので、上級生が下級生をリードしたり、「怖くないよ」と声掛けをしてあげたり、というような姿が随所で見られたそうです。

奇しくも、先週の16日(木)にアルプスの時間に非告知で火災の避難訓練をしたばかりでした。




この時は、火災の避難訓練だったので、校内に何カ所かある集合場所に集まり、そこから先生の指示や上級生の誘導で校庭に避難しました。

これが集合場所です。通称「マル集」。ご来校なさった時に確かめてみてください。

第1回の避難訓練時の「地震の揺れから身を守る方法」と、まとめの校長先生のお話にあった「命を守るためには、放送をしっかり聞くこと」。それに加えて、この第2回の避難訓練時の「先生がいない時は、放送をよく聞いて、上級生が下級生を守る」ということが全てミックスされて本番に活かされました。

昨日の下校時間を知らせる定時放送でアナウンサーが言いました。
「今日は地震からしっかりと身を守れましたね。」 「うんうん、守れた守れた。」
「本当の地震の時も今日のようにしましょう。」 「うーん、今日も本当の地震なんだけどなぁ・・・」
「それでは皆さん、さようなら。」 「まっ、いっか。さようなら!」と合いの手を入れる管理者でした。

明日は、全校児童引き渡し訓練があります。保護者の皆様、ご協力をお願いいたします。
11:07
2022/06/20

水泳授業開始

| by サイト管理者
昨日今日と能登地方で大きな地震が起きています。被害に遭われた方々へお見舞い申し上げます。
今日も10時半頃、緊急地震速報がけたたましく鳴りました。北小では、ちょうどアルプスの時間(2時間目と3時間目の間のちょっと長い休み時間)でした。
放送で、「これから地震が来るかもしれないので、安全な場所で体勢を低くして揺れに備えなさい。」と注意喚起すると、それまで賑やかだった校舎内外がシーンと水を打ったように静かになりました。幸い、体感できるかできないか程度の揺れで収まりましたが、思わぬところで北小っ子と先生たちの学び(避難訓練)の成果を見せてもらうことができました。

閑話休題・・・。
それにしても、昨日は暑かったですね。ついこの間までは寒かったのに。体調崩さないようにしましょう。
さて、暑い イコール 夏 イコール 水泳 ですね。(相変わらず、強引です・・・)
というわけで、今日から北小の水泳授業が始まりました。


授業会場は、今年も北小の真向かいの大町スイミングスクールさんです。
外部指導者として、スクールのコーチの皆さんが全面的に協力してくださいます。
今年で3年目です。ありがたいことです。

学校で水着に着替えてから向かいます。

スイミングスクールさんの更衣室では密になってしまうのと、泳げる時間を最大限に保障してあげたいという理由からです。

今シーズンの「授業初め」は、6年生でした。

私がお邪魔した時には、2年生が練習中でした。今シーズン最初の授業ということで、去年のおさらいからスタートです。顔を水につけて、ブクブクブクと息を吐く練習。それができる人は浮く練習。浮ける人はバタ足の練習 と、一人ひとりに応じた練習内容で頑張っていました。まさに、個別最適な学びですね。


要所要所にスクールのコーチがいてくださり、アドバイスをしてくださいます。


もちろん、担任の先生も関わりますから、安全対策は万全です。しかも、水泳指導のプロフェッショナルがアドバイスしてくださるので、上達スピードはかなり速いのです。


子どもたちに「楽しい?」と聞くと、満面の笑みで「うん、楽しいよ!」と即答でした。
北小の水泳授業は7月15日まで続きます。それまで、たーくさん泳いで上手になろうね!
11:56
2022/06/17

今日のお邪魔します

| by サイト管理者
北小では、先生たちが自分の授業を公開して、お互いに意見交換をする「研修授業」を行っています。
今日は、今年度初の研修授業がありました。
授業を公開してくれたのは、4年1組。

「かしこく、なかよく、たくましく」の頭文字で学級目標を立てているクラスです。

今日は、特活の授業を公開してくれました。

担任の先生の、自分の意見が相手と違った時、相手を傷つけたくない、嫌われたくないために、自分の思いを言い出せなかったり、逆に自分の思いばかり主張して相手を寄せ付けかったりしているので、自分の思いを伝える技能(アサーション・スキル)を身につけて欲しいという願いが込められています。

「今度の日曜日にプール行かない?と誘われました。」 その返答をBさんCさんDさんがしています。
「誰の返事が相手を傷つけ、相手を傷つけないかな? ちょっと書いてみて」と言われて、早速書き始める子どもたち。



書き終えた子から話し合いが始まりました。


全体で話し合うと、話す人をしっかり見て聞いていました。


みんなが出してくれた意見から、先生が相手を傷つけないで自分の意見を言う言い方をまとめました。


それを、しっかり聞いている子どもたち。

では、その言い方で伝えてみてくださいね。
クラスのお楽しみ会で、班の出し物を決めています。私はクイズがいいなぁと思っていると、Aさんは手品をやろうと言いました。どう伝えれば、Aさんを傷つけずに自分の気持ちを伝えられるかな?

相手を傷つけずに、「そうだね、手品よりクイズの方がいいよね」って納得してもらえるにはどう言えばいいのかなぁ・・・。






実際に伝え合ってみて感触を確かめてみていました。


実際にやってみて、やさしい口調で言うこと、相手の気持ちを想像すること、分かろうとすることが大切なんだと実感した4の1の子どもたちでした。

4の1の皆さん、ありがとうございました! お邪魔しました!!
15:36
2022/06/16

歌声の時間

| by サイト管理者
昨日の続きです。
北小の木曜日の朝の活動は、「歌声の時間」です。
北小では、歌声の時間を学校目標『かしこく・なかよく・たくましく』の「なかよく(仲間作り)」の活動として位置付けています。

今日は、今年度初めての姉妹学級での歌声の時間でした。

1年生は6年生にエスコートされて、半数が6年生の教室に移動しました。残り半数は1年生の教室で歌声交流です。


先日のさつまいものの苗の定植とレクリエーションで、既になかよしになっているペアもあります。


今月のうたは『ビリーブ』です。
4年生と2年生は、早速隣に並び歌い始めていました。


5年生と3年生は、どんなふうに仕上げていくか、それぞれの願いを伝え合っていました。


1年生と6年生も、隣に並んで歌い込んでいました。
どの姉妹学級でも、上級生が下級生の目の高さより下になって話をしていました。言われなくてもできるのは、きっとこれまでに自分たちがそうしてもらってきたからなのでしょうね。

このように、対話や歌声でお互いの思いや表現を伝え合い、認め合える集団を作るとともに、校舎内外に歌声が響き渡る北小を目指しています。
今回、みんなで練習している『ビリーブ』は、10月の音楽会の全校合唱で発表する予定です。
ご期待ください!
10:48
2022/06/15

すこやかタイム

| by サイト管理者

水曜日の朝の活動は、身体づくりの「すこやかタイム」や「校長講話」が入ってきます。
今日は、すこやかタイムです。

今月になり、体育的活動時や登下校時ではマスクを外すこととなりました。
熱中症予防の方が優先されます。

まずその説明をして、マスクを外してからの活動となりました。

今日は、雨天のため体育館で有酸素運動(リズムダンス)をしました。

何種類かの動きを覚えて・・・
Music~ Start!!  Let's dancing!
まずはその場でランニングステップ。


ちょっと変わったステップを加えたり・・・


パァーーーンチ!の動作を取り入れたり・・・


腕立て伏せをしたかと思えば、腕立て伏せのポーズからの~・・・、


ジャーーーンプ!

これを曲が終わるまで繰り返して、最後は・・・、

深呼吸。吸ってぇ、吐いてぇ。

子どもたちは2曲目が終わる頃には、呼吸もだいぶ荒くなっていました。先生たちは、ゼーハーでした。
コロナ禍のため、全身持久力が落ちてきている感じです。先日お伝えしたスポーツテストのシャトルランでも、そのような傾向が出ています。
このように、短時間でも酸素をたくさん取り込めるような機会を多く作っていきたいと思います。
11:16
2022/06/14

栽培学習

| by サイト管理者
先週がピークだったので、ちょっと前の学校日記になります。

何がピークだったかというと・・・、

花苗のポット移植です。
全てのクラスで行い、花いっぱい委員会に協力しました。

この時は、「ねぇねぇ、先生は小学校の時、友だちから何て呼ばれてたの?」「先生か? 先生はね」というような話をしながら、ほっこりとした雰囲気で作業をしていました。

移植をする人、


運ぶ人、


みんなそれぞれに、自分に任された仕事を責任もって務めました。


先週、メイン花壇のデザインアンケートを行いました。どんなデザインが採用されるか楽しみです。
ここからが、花いっぱい委員会の活躍どころです。いい花壇に仕上げてくださいね。
また、使い切れなかった花苗は、お家の方やお世話になっている大町スイミングスクールさんなどにプレゼントする予定です。

12:16
2022/06/13

人権を考える市民の集い

| by サイト管理者
今日は、北小を会場に『大町市平地区 人権を考える市民の集い』が行われました。


北小からも、4年生以上が参加させていただきました。


会場内には、昨年度の市内小中学校人権教育ポスター展の入選作品のコピーが掲示されました。


講演会に先立ち、6年生の代表2人が『あいさつと人権』というテーマで意見発表をしてくれました。

いよいよメインイベントの講演会です。

『君は一人じゃないから ~LGBTQの啓発に向けて~』という演題で、性同一性障がい啓発家、LGBT啓発講演家の長岡春奈さんに講演していただきました。


また、この会は開会から閉会まで、手話通訳さんが手話で内容を伝えてくださいました。

講演の内容はLGBTQということで、小学生には少々難しい話だったかもしれません。
でも、春奈先生ご自身が壮絶ないじめや差別で一人苦しくなっていた時に中学時代の担任の先生に救われたという経験があり、講演中何回も「苦しくなったら、先生に言えばいいんだよ。」「もちろんお母さんでもいいんだよ。」と子どもたちに話しかけてくれました。私たち職員も嬉しくなりました。みんな、全力で相談に乗るからね!

春奈先生、お母様と一緒のご来校でした。

お母様には、苦労を掛けたということで、ほぼ全ての講演会に一緒に行っているとのことです。その講演地にて母娘で美しい景色を見たり、美味しいものを食べたりしているのでしょう。もちろんお母様も娘さんの活動ぶりを温かく、そして誇らしく見守っているのでしょう。


私は、お礼の言葉でも言いましたが、この北小をあらゆる子が学びやすい学校にしなければならないと強く感じました。それは、この子たちがやがて大人になり、あらゆる人が住みやすい社会づくりに貢献してくれることにつながると信じているからです。

春奈先生、当事者だから話せる貴重なご講演を、本当にありがとうございました。
16:56
12345
Copyright (c) 2019 大町市立大町北小学校